マンションの売却でよく聞く媒介契約について

前の内容ではマンションの売却に関して説明をしました。
このように売却と一言で書いても、その方法が2つあるということになるわけです。
マンションの売却というのは、おそらく1度あるか、ないかの経験となるため、それらの仕組みがよく分からないのも事実です。
マンション査定しかし、選び方によっては、あなた自身がトクをするのか、逆に損をしてしまうのか、というのにも繋がるため、マンションの査定をしてもらうときと同様に、ここもじっくりと検討してくださいね。
では、ここでは売却方法のうちの仲介のことについての細かい話になります。
もしかしたら、すでに調べているかもしれませんが、この方法には媒介契約というものがあります。
これは簡単に書きますと、仲介を依頼した後に、実際に売れているのか、売れていないのかという伝える必要があるのかないのか、というのがあります。
他には、その方法で行ったときに、いつまで仲介をしてもらえるのか、という期間が決まっている、決まっていないというのがあります。
他には自分であなたのマンションを欲しい人を見つけることが可能かどうか、というのにも分かれます。
大きく分けましてこれらの組み合わせによって、3つの契約方法に分かれてくるのです。
まずは一般媒介契約での方法になります。
次に専任媒介契約での方法になります。
そして、最後の1つになるのが専属専任媒介契約という方法になります。
これらの契約は上記の組み合わせの違いにより契約する方法が異なります。